六月の開発局

「業界の人」じゃないよ

ガールズ&パンツァー最終章第一話について

僕は8年前に映画を撮ったとき「演出とは時間の使い方」と定義してことに臨んだ。庵野秀明総監督が細かな動きの時期にこだわって作品を作り出しているところを去年確認し、今年もこういう作品に出会えて、あの時の判断は間違っていなかったな、と思える。49分…

GODZILLA怪獣惑星と、ある意味最もゴジラシリーズと相反する脚本家・虚淵玄の作家性

GODZILLA 怪獣惑星が公開されて一週間が過ぎた。いくつかレビューをみたが、その中で本作の終盤の展開が「脚本が虚淵玄らしい」という評価を読んだ。が、僕はちょっと違う見方をしているので、それを書こうと思う。 終盤の展開、つまり倒せたと思っていた敵…

ゆるぎない、その日を。再び。 -Happy Birthday, again-

いつ、どこに行くのか。旅行はそれが問題だ。 今日は、24年の長きにわたりスーパーあずさとして君臨したJR東日本E351系電車が退役するときき、別れを告げるために秋の信州へと旅立った。8時ちょうどのスーパーあずさ5号で、最後の旅へと出かけたのである。 …

わたしにできること

Twitterでは散々書いているが、先日の第七次米子映画事変で行われた第10回全国自主怪獣映画選手権<米子大会>で、新作「空」を発表した。コンペティションとしては堂々の無得点、当然の最下位に終わったが、以前から何度も書いているようにコンペティションの…

働く女の子シリーズについて

はじめに P.A.WORKSの働く女の子シリーズ最新作、サクラクエストが放送を終了したのでちょっと書く。 先に個人的な感想を明らかにしておこう。残念だった。一方でサクラクエストはなかなか期待していたからだ。だから、なんでぼくは残念だと思ったのか考えよ…

そして青い森へ旅立った

今年の夏は調子に乗って予定を入れていたら七月の週末のうち3回を遠出しており、大変なことになった。 七夕の週は京都に瑞風が吹いた。 新大阪駅の空。 このあと、地下鉄に乗っていたら路面電車に化けていたという怪現象に出会う。 大津線はまた乗りに来たい…

演技についてのノート(約1万5000字:まとまっていない)

はじめに 立場柄、演技というものの向き合わずにはいられない。専門の教育を受けたわけではないし、受ける気もないのに、気づいたら演出の全決断権を有しており、さてどうしたものか、と思い悩むことを繰り返し既に10年近くが過ぎた。 素人が熱心に勉強と訓…

ダンケルクにはつらさの表現が足りなかった

ダンケルクとダークナイトそして鋼の錬金術師のネタバレがあるので、未見の方は読まないでほしい。 ダンケルクはつらい映画だ。とにかくつらい。そしてそのつらい先にふとつらさが抜ける一瞬、ハンス・ジマーの緊張を強いる音楽が途切れた時、なんて無駄なこ…

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?:感想(約3000字:未閲覧者の閲覧はお勧めできない)

夏は残酷なものである。僕らはつい、7月あたりから夏がはじまり、8月にその最盛期を迎えると思っている。けれども、実際は6月の終わりに夏はその頂点を極めており、僕らはその名残を追い続けるしかない。その、純粋無垢な気持ちの危うさを丹念に描いた、割れ…

正しさを傷つけたい - 東京発新宿行片道切符2泊3日

どこかに行ったという話を書くと、思い出話から始まってしまうことが多い。けれども、他人の物語の上に思い出話が載っている、というのはなかなかこってりした感触がある。だから、したことから書きはじめよう。 東京駅から旅に出るときはいつも祭に寄るが、…

MODOの頂点の微妙な位置ずれを修正するためのスクリプト

filmassembler.com ビルの破壊活動を続けているが、MODOでグリッドスナップを聞かせてモデリングしていても、なぜか知らないうちに頂点がマイクロメートル単位でズレで頂点の結合コマンドが同座標と認識せず、メッシュの閉鎖にえらい手間を用するという困難…

第6話まで終えて反省など

明石二種第一学校蹴球戦記が6話まで公開されている。まだ読んでない、もしくはちょっと読んだけど辞めてしまった、という方は次の第7話は一番気合が入っている回なので是非読んでほしい。 もちろん、今まで欠かさず読んでくれている人、感想や批評をくれたり…

ffmpeg3.3におけるMOV(H.264)からのフレーム(絵)の読み出し

頻繁にAPIの仕様変更を行い、ボヤッとしているとすぐにAPIがdeprecatedになることで銀河系でも広く知られているメディアファイルのなんでも屋、ffmpegを利用したてめえ用ライブラリを久しぶりに使おうとしたら警告の雨嵐+動かなかったので、太陽系第三惑星…

写真機不在の季節

現状 先日D4とα7Sを手放してから、使えるカメラがRX100M5だけである。が、僕が最も信頼するカメラメーカであるニコンからCP+での新製品発表はなかった。しばらくRX100M5だけでやるかな、と思っていたが、やはり広角と望遠が弱く、それから暗がりにも弱いので…

なぜ感想なのか: JR北海道とサクラクエスト第三話

昨年の3月26日「北海道新幹線に失敗の選択肢はない」という記事を書いた。僕は、特に新幹線が好きというわけではない。どちらかというと寝台特急や在来線の特急が好きだ。伝統的な風情ある名前や車両の様々な列車失われることは悲しいし、最後に取れたトワイ…

明石二種第一学校蹴球戦記について

先日の告知通り、4月9日水曜日から明石二種第一学校蹴球戦記の連載をはじめた。毎週水曜に一話ずつ、全13話である。既に書き終えているので、多分完結する。細かい字句の修正を行ったりしているから、まだ全部投稿予約はしていない。 若干ネタバレしつつ、仕…

グラスリップ、再び。そしてP.A.WORKSの良さ。(約9000字)

はじめに 基本的にP.A.WORKSの作品はチェックすることにしている。今期は一期目がP.A.WORKSの作品の中でも出来のよかった有頂天家族2、第一弾花咲くいろはが極めて高い水準だったお仕事シリーズ第三弾のサクラクエストと二作もあって、終盤戦になると制作体…

また可愛い後輩に叱られそうなことを

はじめに肝心なところを書いておこうと思います。来週水曜日、つまり2017年4月5日から、13週間かけて毎週小説を発表します。ぜひ、読んでください。17歳の少年が監督として祀り上げられた部活で、いかに最初のシーズンを戦い抜いたか、というお話です。 昨年…

ひるね姫:感想(約1万2千字)

はじめに 火曜日はシン・ゴジラのBlu-rayが到着するのでさっさと帰宅して見たかったのだが、興行がコケて平日夜の上映がなくなると会社帰りに映画館によってTOHOシネマズの割引日に見られなくなる可能性があり、かといって通常料金で見るとハズレだったとき…

ラ・ラ・ランド を見て考えたこと

感想ではない。ほとんどポエムである。 同僚のミュージカルが好きそうな人物に「ラ・ラ・ランドを見たか?」ときいたら「みたよ。ミュージカル好きだから楽しみにしていて、初日に見た。つまらなかった」と言われた。「豊住も見て、感想聞きたいから」と言わ…

Nikon D4

Nikon D4というとても素敵なカメラの話。

岬にて

平日朝に聞く新幹線E5系電車のMotor Soundは格別だ。それが遊ぶための旅路なら心はさらに軽やかに踊る。 初めてE5に乗車したのはもう3年前の夏になる。夏休みに青森でも行くかと友人と乗ったのだ。320km/hの速度はもちろん、その快適さに舌を巻いた、と書き…

なにも変わらない

北海道新幹線についての記事を書き 強引に街ネタジャンルに押し込んで記事も書いたぞ!https://t.co/9IfoUoWjNo— 豊住耕一@1/22砲雷撃戦こ-02 (@TOYOZUMIKouichi) 2016年3月26日 アニメを作り THE NAME OF THE HEROINE PV1 シン・ゴジラの感想を書いたら評判…

響け!ユーフォニアム2(1期も)感想など

はじめに 響け!ユーフォニアム2が最終回を迎えた。毎週楽しませてもらった。正直なところを言えば、1期よりは数段僕好みではなかった、よくわからなかったな、という印象だ。 ときどき「ユーフォニアム2は1期みたいなスポ根でなくなってしまった」というよ…

作画工程のためのCommon Lispによる低脳画像処理

まえがき アニメを作っている。ものすごくたくさんの絵を描かなければいけないので、いろいろと問題が起きるし、手間も減らしたい。絵の描けない素人が嘘をつくためにアニメを作る でも一部紹介したが、今回は最近の成果を紹介する。 FILMASSEMBLERのページ…

KINESISを修理した

KINESISが断線して、いい塩梅にケーブルをおいてやらないと、まじめに働かなくなった。 KINESISを知らない人のために説明すると、キーボードである。ものすごく高価で馬鹿馬鹿しい値段である。大統領選の開票速報とにらめっこしながら購入するようなものであ…

結末を回避する技術 -第六次米子映画事変参戦記録-

はじめに 現地レポートはない。ご多分に漏れず僕の個人的な話。殆どは準備の話。 部活の肴化 最初に自主映画を撮影すると決めたのは2008年のThe Escape Velocityだから、もう8年前になる。そのとき集まった最初の4人のとき、僕はまだ監督どころか迷っていた…

景色を狩るもの

金曜日からおやすみとし、日曜日の昼下がりまで夏の旅行に出かけていた。ここ4年間、毎年やっている。今年は開催が危ぶまれたが、なんとか開催できてとても良かった。初の9月開催である。 どこに行くか迷っていたが、結局「まあ青森なら間違いないだろう」と…

君の名は。:感想(約1万字:未鑑賞者の閲覧は推奨しない)

先日書いたシン・ゴジラの感想の評判が良かったので、もう一つ書いてみるかと思い立ち、「君の名は。」を観てきた。あまり期待していなかったので、劇場鑑賞は見送るつもりだったが、正直な話、これを書くためにauマンデイに見に行った。他人の評価は関係な…

非モテ、合コンへ行く:シン・ゴジラを語る会に行ってきた(約4000字:レポートに非ず)

「シン・ゴジラ」を語る会 ~ネタバレOK!!~【独身者限定】に行ってきた。なお、レポートではないので、レポートを期待している人は読まないほうが良い。 念のため書いておくがおもしろおかしくするために一部誇張したりしているし、他の人のプライバシィを…