読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六月の開発局

「業界の人」じゃないよ

Nikon D4

f:id:TOYOZUMIKouichi:20170213223839j:plain

僕は写真を撮る。この三年間、写真撮影のメインアームにNikon D4というカメラを使っていた。このカメラは発売が2012年と古いが、当時の最高級機種で、60万越えの機種である。

f:id:TOYOZUMIKouichi:20170213223853j:plain

このカメラを僕が買った理由は一つ、ニコンが出すプロ向けの最高級機種だからである。

f:id:TOYOZUMIKouichi:20170213223932j:plain

プロ向けの最高級機種というのは「実用的で最高性能」ということだ。だから「いやこれはいらんでしょ」みたいなところに力を入れていない。発売当時においてカメラに求められる性能、カメラマンが必要とする性能をすべて搭載しており、どこをとってもこれではちょっと、ということにはならない、ということだ。

f:id:TOYOZUMIKouichi:20170213223946j:plain

これは、僕のような下手なカメラマンには助かる。腕のなさを機械が補ってくれるのだ。安い。プログラマとしての性能が10なら、映画監督としての性能は50、絵描きとしての性能は1未満、写真家としては3ぐらいである。これがカメラの力で5ぐらいに引き上げられる。買えるものならこれを買うだろう。

f:id:TOYOZUMIKouichi:20170213223959j:plain

そしてこのカメラはニコン製である。ニコンのカメラを僕は数台保有したことがある。ニコンFから始まり、D7000、D7100と保有してきたから、このカメラは4台目だ。

f:id:TOYOZUMIKouichi:20170213224013j:plain

ニコンのカメラがいいのは、裏切らないことだ。僕はカメラを道具だと思って扱っているので、かなりひどい扱いをしている。ロケに出れば自分の足元か、運転するときは助手席に放置する。D4の場合シートベルトをしてやらないと警告がうるさいが、とにかくそういう扱いである。ちょっとこまると、ぬかるんだ地面だろうが砂浜だろうが雪だろうが直置きである。

f:id:TOYOZUMIKouichi:20170213224041j:plain

が、ニコンのカメラは裏切らない。ちゃんと動く。35度を超える猛暑の日に散歩していても、マイナス20度を割る中撮影していても動く。あれっ?みたいなことがない。とにかく動く。

f:id:TOYOZUMIKouichi:20170213223716j:plain

だから、僕のように作品の方向性も主な撮影対象もなく、ただ取り敢えず出かける時に持っていくカメラが欲しいカメラマンにも最高のカメラなのだ。

f:id:TOYOZUMIKouichi:20170213223752j:plain

そして今日、D4を売り払った。映画のためだ。僕は昨年の最後の映画作品をUHD 4Kで制作し、今後もUHD 4K以上の画面解像度で作りたいと考えている。

f:id:TOYOZUMIKouichi:20170213223831j:plain

僕は尊敬するクリストファー・ノーランのように、最高の映画を最高の画質で提供したいと考えている。

f:id:TOYOZUMIKouichi:20170213223819j:plain

D4に、そこで貢献できることはない。それなら、お金に変わって新しいカメラに貢献してもらい、誰かの元で働いてもらったほうが良い。僕も、カメラも、幸せだ。

f:id:TOYOZUMIKouichi:20170213223722j:plain

SuperGTでマシンやつっつー、aprにいたakiraを撮影したこともあったしもちろん騎士王さんもたまに被写体になった。もっとじっくり好きな女の子を撮ったりしたかったのだけど、なかなか機会がなかった。

f:id:TOYOZUMIKouichi:20170213223427j:plain

最後の仕事は週末の長野遠征だった。長野、青森は出かけるときにいつも候補に入る。どの季節に行っても良いのが長野と青森だ。

f:id:TOYOZUMIKouichi:20170213223514j:plain

長野の雪の中で、列車を迎え撃つ作業に従事し、帰りがけに寄った磯子護衛艦と潜水艦を仕留めてその任を解いた。

f:id:TOYOZUMIKouichi:20170213223522j:plain

D4は僕が保有したカメラの中でも最高のカメラの一つである。いや、最高でないカメラを購入することはほとんどないのだが、それは際立った性能であった。

f:id:TOYOZUMIKouichi:20170213223607j:plain

買ってから今日まで、約16000枚撮影した。そのうち702枚ほど納得のいく写真がある。最も活躍したのはCarl Zeiss Distagon T* 2/25 ZF.2で、367枚、半分以上がこのレンズで撮影された。

f:id:TOYOZUMIKouichi:20170213223700j:plain

最高の写真は、秋田の夜の田んぼで撮影したこの一枚、実際には九枚だ。

f:id:TOYOZUMIKouichi:20170213223259j:plain

他人が認めてくれる性質のものではないとわかっている。だが、僕にとって写真は、自分への入力であるから構わない。まあ、instergramのフォロワが増えれば今はちょっと嬉しいかもしれないけど。

f:id:TOYOZUMIKouichi:20170213223557j:plain

映画監督として求められる上質な入力を、Nikon D4は与えてくれた。いいカメラだった。

f:id:TOYOZUMIKouichi:20170213223541j:plain

CP+でのニコンの新型1眼レフの発表に期待したい。