映画を撮ったり、写真を撮ったり。絵を描いたり、小説を書いたり。コードを書いたり、感想を書いたり。

@TOYOZUMIKouichi

International Match Switzerland vs Japan

本日早朝というか昨日深夜行われたワールドカップ前の強化試合、スイス対日本は生放送で見ようと思っていたのですがクッソ眠くて録画で鑑賞しました。

マッチレポートは他にもいろいろあるので、僕の所感を書こうと思います。ズブの素人です。

西野監督の意図は非常に明確だったと思います。ザックジャパンで最も成功を収めた4-2-3-1のフォーメーションに戻し、いなくなった選手の代わり、特性の変わった選手、新たに代表クラスの能力を得た選手、こういったものを試している、という印象がありました。そして、それによって様々な問題点が浮き彫りになったとも思います。それは別の表現をすればヴァイッド・ハリルホジッチが求めたものがいかに正しかったかという話だとも思います(豊住はかなりハリルホジッチを高く評価していた人間というバイアスがかかっていることを忘れないでください)。また、それらが手に入らなければ「世界の舞台」で戦い抜くことが難しいことがわかりました。

いくつか例を挙げると、まずポジショニングです。パスの受け手、例えば後半武藤選手の位置取りが悪かったがためにラストパスを送れない、というシーンが何度か見られました。そこにパスが出せるのか、という考えをして、出し手にとって出しやすい位置を取る、そういったことがペナルティエリア内で出来ていなかったと思います。もちろん、後半の失点シーンもディフェンスのポジショニングがよければ、失点せずに済んだと思います。まあ、これは四年前から言えることですね。Jリーグでは「そこにパス出しても通らないでしょ」という浮き玉のラストパスを繰り返し、ディフェンスの隙間にたまたま入り込んでしまったものを外国人ストライカが力技で点を取る、というパターンが繰り返されています。ですから、そういうものが染み付いているのもわかります。けれども、それがワールドカップの大舞台で通用するのか、という話です。

また、足下の技術、特にワンタッチで敵から奪えず自らがコントロールしやすいところに置く、という世界のトップクラスでは当たり前のテクニックがなかったがためにチャンスを不意にするシーンというものが散見されました。このあたりは風間八宏監督が散々言っているところですね。

ディフェンスラインとその裏の緊張感という意味でも中途半端に上がっていて、ボールを支配してい攻めたいのか、相手のカウンタに備えたいのか、というところに不安が残りました。選手間の距離は、ボールを回すには遠すぎ、守備ブロックを形成するにも遠すぎ、完全分業制にしては近いという微妙な距離感だったと感じます。そういうディティールの問題がこの時点で出てくると、ヴァイッド・ハリルホジッチがなぜあそこまで細かったのかわかると思っています。

大会前の強化試合で調子が悪かったことで8年前の南アフリカワールドカップを思い出して、良い兆候ではないか、と言う意見が見られましたが僕はそうは思いません。あのときも敗戦が続きましたが、思い出してください。PKの原因はおよそ信じたがたいようなハンドだったはずです。本田圭佑はなぜあんな手の揚げ方をしたのか、今に至るも意味不明です。まあそんなことはどうでもいいのですが(ネタという意味ではよくないけど)、まったく雰囲気が違います。新しいフォーメーションがかなりいい具合にハマっている、という具合ではありませんでした。

長友選手は非常に印象に残りました。やはり一人違うクオリティを持っているなと感じさせます。本田選手はもっと見せられると思います。彼本来のクオリティからすると、まだ、という具合に感じます。

さんざんダメダメづくしですが、強化試合なので、こうやって色々な問題が出てきて潰せればそれでいいと思っています。西野監督もわかっていると思います。サムライブルーが本大会で一試合でも多く勝つこと、その試合がより多く見られることを願っています。